俺的☆頑張る理由

なぜ生きるのか、とか、なぜ頑張るのか、って言うのは人生の永遠のテーマだと思う。

しかも、それは自分の成長と共に変化してくるから厄介だ。

理由(≒目標)を見失うと、とたんに崩れる。

 

小学生の頃はレーサーになりたかった。

中学生の頃は科学者になりたかった。

高校生の頃は物理学者になりたかった。

で、浪人中に失恋とか家出とか色々あって、挫折した。

 

こうなると、将来の目標とか見失うし、とりあえず生活費だけは稼がないといけなくなった。

マズロー的に言うと、5段階中のレベル2(安全の欲求)に該当してたんだと思う。

仕事の傍ら、仕事で生きてきそうな知識を得るために、分厚い専門書を読みあさってた。

好きな事とか目標とかどうでも良くて、とにかく手に職を付けるしかなかった。

声がかかるたびに転職してたら、いつの間にか複数の社長さんたちから

「君は独立したほうが良い」

と言われるようになり、流れに身を任せて社長になることになった。

収入も同年代からは比べものにならないくらいあり、安全の欲求は満たされた。

社会的地位も得たので、レベル3(所属と愛の欲求)も満たされたんだと思う。

※ただし、所属に限る。とか言ってみる。

 

そんなこんなで2~3年経った頃、スゲーむなしくなった。

お金はある。欲しいものは大体買える。結婚してる。

なのに、何かが足りない。

根本的に。

人として。

夜が寝れないくらい悩んだ。

俺はなんで社長になったんだっけ?って思いながら、ドラッカーとか読みあさった。

IMGL8925171031_TP_V

そんな時に、同世代の起業家とか起業家予備軍に出会う機会があった。

彼らは明らかに自分とは違って、明確な目標があった。

で、色々考えた結果、漠然と「世の中を良くしよう」とか思い始めた。

今思えば、それがマズロー的なレベル4(承認の欲求)だったのかもしれない。

世の中に認められたい、と。

 

それでも、ワールドビジョンとか、かものはしプロジェクトとかは好きになれなかった。

お金だけ渡して、「俺良い事してる」みたいな感じなのは、ただの優越感だと思った。

たまたま日本に生まれて、自分が幸運にも他の国よりも優位だから出来ることにすぎないと。

そんなの努力でも何でもないから。

だから自分は国内に目を向けようと思った。泥臭い事しようと思った。

そう考えてたら、自分の取るべき行動が分かるようになってきた。

マズローを知ったのはちょうどその頃かもしれない。

 

社員を雇うなら、就職弱者を とか考えて、フリーターを正社員として雇用したり。

虐待された子供の行き場がなくて大変だ、とニュースで見ては、東京都に里親として登録したり。

直接自分で何かをするって、すごく大変。

 

相手だって人間だから、意見の相違とか、考え方の違いとかもあるわけだし。

お互いに凹むことも多い。

一時期は収入に対して1.5倍の雇用をしてたりとか、マジ破産するかと思った。

それでも、みんなの笑顔を見ると、そんな事どうでもよかった。

あなたはなぜ頑張るのですか?

僕の答えはこうだ

そこに人がいるから。

 

<おまけ>

マズローの欲求段階説において、自分がどの段階にいるのかチェックしてみよう!

以下の項目で、満たされないと感じるキーワードがあるところが、自分のレベルということ。

また、上位のレベルで満たされていても、下位のレベルに満たされない所があるのなら、そこを満たすべき、ということです。

 

レベル1(生理的欲求)

○食欲を満たすことが出来る

×性欲を満たすことが出来る

○十分な睡眠を取ることが出来る

 

レベル2(安全の欲求)←ここを満たすことに一生を費やす人が大半らしい

○安定した収入がある

○必要・十分な住まいに住んでいる

○健康である

○いざという時のために保険に入っている

 

レベル3(所属と愛の欲求)←twitterとかのSNSが流行るのはココを満たすため

○情緒的な人間関係を築いている

○他者に受け入れられている

○自分の所属するグループがある(趣味の仲間とか)

○孤独感を感じることはない

○社会的不安はない(解雇されるかもとか)

○鬱ではない

 

レベル4(承認(尊重)の欲求)

×尊敬されている

×社会的地位がある

×利権を得ている

×注目されている

○技術や能力を習得している

×自己評価は高い

○自立性がある

 

レベル5(自己実現の欲求)←いわゆる夢。夢を持たない人が多い、とかなんとか言ってる人は、レベル4までを理解してない人。

○諦めていない夢がある

こちらの記事もおすすめです↓

フリーターをこだまシステムで正規雇用したい!~こだまシステムの10年を振り返る~

The following two tabs change content below.
初代広報/中井

初代広報/中井

こだまシステム初代広報。”子連れ広報”として、子連れ出社のパイオニアとなる。娘はこだまシステム初の部長職である”広報部長”に任命され、母娘でこだまシステムの看板として活躍。元気いっぱいのシングルマザー。2018年3月、惜しまれつつ卒業。

関連記事

月給は微妙に下げたほうが良い

毎月の給与にかかる社会保険料(健康保険料+厚生年金保険料)は料額表を元に算出しますが、そこには幅があります。

節税対策、するべき??

今日は節税対策の話。一応これでも経営者なんでね。 世の中の社長さんで、節税対策を考えたことがない社長さんはいな […]

経営者目線のSTAP問題と組織論

いま話題のSTAP細胞から、僕が考えること。

難民政策について思う事

困っている人がいるなら助ける、が当たり前の世の中になるといいですね。

【非ブラ】吾輩の辞書に『深夜残業』という文字はない!

深夜残業、とは何ぞや。
ブラック企業にならないために、正しい知識をつけましょう!