【お金】と【ありがとう】についての大事な話。

みなさんは働いているわけですから、給料や報酬という形でお金をもらっていると思います。

『なぜお金をもらっているのか』ということを考えたことはあるでしょうか?

『働いているんだから、もらえて当然』と思っている人も居るでしょうか。
物販であれば、この答えは単純です。

TSURU17623024_TP_V

昔々の話。

物にはそれぞれ価値があって、同じ価値の見合う者同士を交換することで
世の中は回っていたわけです。
いわゆる物々交換ですね。
ある人が『神戸牛を1キロ欲しい』と思ったとします。
時価はわからないですが、仮に1万5千円としましょう。
交換する物として、例えば米を持参するとしたら、、、
Amazon先生によると10キロで3500円だそうです。
神戸牛1キロと交換するには42キロだそうです。
さすがに持てないですよね。モテない男子です。

なので、なるべく小さくて価値のある物として『金(きん)』が
登場したわけですね。
いまだと金は大体5000円/gです。
たった3g、3ゴールド持っていけば交換出来るわけですね。
これは楽ちんです。

パーティー組んで40キロ運ぶ必要が無いですね。

では1億円のフェラーリを買うとします。

20,000ゴールド(グラム)です。20キロです。
ちょっと大変になってきました。

金(きん)以上に価値のある小さなものは、中々見つからないわけです。

そこで『この紙(1万円札)を金(きん)2グラムと同じということにして、お金(おかね)と呼びましょう』
としたわけです。



ここ!ここ大事です。
これがすべての元凶なんです。

物々交換する代わりにお金を使うわけです。
それ自体はなんの問題もありません。

皆さん覚えているでしょうか。
物販ならまだいいんです。
サービス業だとどうでしょう。

そのお金は何と交換したのでしょうか?

その答えが今日のお題の『ありがとう』です。

肩たたきをして、『ありがとう』と言われて、お小遣いをもらうのと同じです。

これが給料です。これが、報酬です。

給与を上げたいって思った時、皆さんはどんなことを考えますか?

頑張れば、評価されて、自動的に給与が上がりますか?
じゃあ、評価されるってどういうことでしょう?

僕は『ありがとう』の数と考えても良いのでは無いかと思います。

上司からの『ありがとう』
お客様からの『ありがとう』

沢山『ありがとう』と言ってもらえるよう、考えてみることから、見つかる手段もあると思います。

The following two tabs change content below.
しゃちょー

しゃちょー

有限会社こだまシステム社長。18歳の時からIT業界で働く。趣味はモータースポーツ。マイブームはダイエット。

関連記事

成果は評価にならない?!会社から必要とされる方法

「成果で評価する」そんな、”当たり前゛に起こっていることにも落とし穴が…

俺的☆頑張る理由

なぜ生きるのか、とか、なぜ頑張るのか、って言うのは人生の永遠のテーマだと思う。
しかも、それは自分の成長と共に変化してくるから厄介だ。

LINE、メール、それとも電話?交渉上手になるための、コミュニケーションツールの選び方

 

成功の方程式

成功するための方程式…。 たぶん、そんなものはなくて、成功の方程式を求めちゃうような人は成功しないような気がす […]

解雇はしない!ぺヤングに学ぶ経営姿勢。

現在話題になっているペヤングのまるか食品。経営者としては他人事ではないんです。