2017年のこだまの笑顔を集めてみて、分かったこと

少し前の話になります。

2017年も年末、というタイミングで、

2017年のこだまシステムの写真から、笑顔だけ抜き出してスライドにしてみたらどうかね?

という、非っ常〜〜に安直な考えのもと、突然スライドショーの作成にかかりました。
これがクリスマスも過ぎた、もう仕事納めまで何日かという時期のお話。

まぁ、甘く見てましたよね…。イベント大好き、毎回社内カメラマンが一眼レフ担いで撮影するようなこだまシステムですからね。写真の量も膨大でしてね。そこから笑顔の写真だけ選ぶとかね…もう、コンタクトめっちゃ乾きましたよね…。

でも。

忍耐と選別とドラック&ドロップの甲斐あって、無事年内にスライドは完成!
今日は、2017年のこだまシステムの膨大な写真を見返して分かったことについて語ってみようと思います。

その1 仲間が増えました!

IMG_2251

はい!こちら↑

ほんの数年前まで、ITベンチャーと言われていた(1円起業とか流行りましたねぇ)こだまシステム。いつの間にやら大所帯に。こんなにも一緒に働く仲間が増えました。

昔は社長が社内で一番若い、なんて笑っていたのですが、年齢層も幅広くなりましたねー。
少しずつですが、女性社員も増えました!

こんなに楽しそうに笑ってくれるこだまーずが増えたこと、本当に嬉しく思います!

その2 子供も増えました!

こだまシステムの”子供”といえば…広報部長
もうすっかりおなじみです。

社内イベントにも参加しますので、もちろん沢山の写真に写っております。
A07F7559-6147-4165-8A57-040F84799DD2

IMG_2649

でも、それだけじゃないんです。
第一次結婚&出産ブームを乗り越えたこだまシステムには…

IMG_1890

ちびっこが増えました♡

その他にもママさんが増えたので、とっても賑やかになりました。

IMG_1609

もう、誰の子なのかわからないくらいに(笑)こだまーずによく懐いてくれてます!

IMG_9325

こだまのメンバーもみんな、手を繋いだり、抱っこしたり、一緒に遊んだり…

そんな姿を見て、昔、社長の金重が「こだまシステムは一つの村のような会社になりたい」という話をしていたことを思い出しました。

この一つの「村」という話。昔は一つの村で、子供をみんなで面倒を見たり、おすそ分けをしたり、助け合って生きていましたよね。子供をおぶって仕事をしている姿だって珍しくもなかったし、責められることもなかったはず。そんな会社を目指していたんです。
「〜さんの子供だから」「自分には関係ないから」、そうはなっては欲しくないと描いて来た未来が、少しずつ現実になってきたのだと、少し感慨深くなりました。

その3 2017年もよく食べました

社員旅行に、遠足、2017年もよく出かけました…

そして、よく食べました!
何故、こんなに食べている写真が多いのか!
_DSC5750

_DSC5761

IMG_9284

幸せそうで何よりです(笑)

まとめ 2017年も笑顔がいっぱいだった!

笑顔の写真は、想像していたよりもずっと多かったです!
当初選定した写真を全て取り込んだスライドショーを作成していたのですが、随分と長尺になってしまいまして…。その後、使う写真を減らしたり、スライドの秒数を縮めたりと、想定外の作業が発生するほどでした。

2017年、楽しいことばかりだった訳ではないけれど、それでもこれだけ沢山の笑顔が生まれていたんだということを、改めて実感しました。

これからも「こだまシステムに入ってよかった!」と思ってもらえるような会社を目指して、そしてより沢山の笑顔で溢れる会社となるように、こだまシステムはこれからも前に進んでいかなければと思います。

…というわけで、こだまシステムの2017年の笑顔を集めた「2017〜100SMILES〜」の動画はこちら↓


注意)短い時間にまとめようとした結果、ものすごい勢いでスライドします。こちらのブログで紹介した写真がどこで出てくるのか、しっかり見つけてくださいね!

The following two tabs change content below.
中の人

中の人

元祖こだまブロガー。こだまブログの執筆は、社長に次ぐ古参。入社当初は独身であったが、いつのまにやら結婚&出産ののち、現在一児の母。

関連記事

【インタビュー】栄新太郎さん

【インタビューしてみました!】
6人目は、こだまイチ休日と仕事中の姿にギャップがある栄新太郎さんです。

【インタビュー】市川隆徳さん

【インタビューしてみました!】
8人目は、皆のパパ 市川隆徳さんです。

広報中井の一眼レフ習得日記③

第三回、本日は「絞りの検証」について学ばせて頂きました。

新年のご挨拶

ちょびっと出遅れ気味ではございますが…

白ヤギさん「どうしたら手紙読んでもらえるの?」

メールの読む読まないは、パッと見ただけで判断されてしまうそうです。読まれる文章のコツとはなんでしょう?