【インタビュー】板倉健一さん

インタビュー7人目は、社員さんとして一番長い板倉健一さんです。

(*´`){よろしくお願いします!)

 

 

Q.今のお仕事の内容を教えてください。

高橋さんと同じ感じです。(インフラ系オペレータとかセキュリティ関係)

プラス、管理職をしています。

同じチームの人事的なものもやっています。

 

 

Q.今の業務を行う上で、大切にしていることは何ですか。

周りの人に対しての気遣いです。

 

 

Q.会社に入ったばかりの頃の思い出を教えてください。

入った頃は、初めての業界だったのでわからないことだらけでした。

周りの方々が何を言っているのかも理解できませんでした。

この業界に速く馴染まないと、と思っていたので、

相手との会話が成立するように、聞いたことのないビジネス用語はメモをとって、

家に持ち帰ってからきちんと調べるようにしていました。

あと、お手本になる人のことをよく見るようにしています。

 

 

Q.こだまシステムで働いていて、面白いところがあったら教えてください。

同じ会社の事務所が違う、普段顔を合わせることのない人達同士でも

コミュニケーションがとれるように、ということで、

こだまシステムでは頻繁に社員総会が開かれています。

その幹事は社員に順番でまわってくる当番制になっています。

社員に幹事をやらせる理由は、その段取り等を学ばせる目的もあるということを知ったとき、

面白いなと思いました。

 

 

Q.こだまシステムを選ばれた理由は何でしたか。

前職はPCの販売をしていました。

こだまシステムに入ったきっかけは、

その仕事をしていたときに誘われたからでした。

 

 

Q.入社してよかったと感じることを教えてください。

意見が通りやすいところです。

小さい会社だからかもしれないけれど、

社長が「言いたいことがあったら言ってほしい」タイプの方なので、

無茶を言ったら大抵やらせてくれます。

「その経験も肥やしになる」と言ってくださって。

 

 

Q.今の仕事のおもしろさ、やりがいを教えてください。

PCは奥が深いです。

やればやるほど面白い発見が出てきますから、仕事自体が面白いです。

あとは部下の成長を見るのが楽しいです。

 

 

Q.入社後、成長したな、と感じる点はありますか。

これは当たり前につくけれど、まずは技術力です。

それと根回し力。

これがついたと思うのは、周りが見れるようになってきたからです。

この会社に入ってから、視野が広がりました。

 

 

Q.今の会社に、もっとこうなってほしいと求めることはありますか。

漠然としていますが、会社がもっと大きくなったらいいなと思っています。

仲間が増えるのがうれしいです。

 

 

Q.今目標にしていることはありますか。

会社を大きくすることです。

自分はここを辞める気はないので、会社が潰れるまでずっといますので。

 

 

Q.何か一言メッセージをお願いします。

やりたいことはやらせてもらえる会社です。

ドライにやっていきたい人にはなかなか合わないこともあるかもしれないけれど、

それでもカラーの違う人が入ってきたらその人の居場所を作れるようにしていきます。

会社で働いている人間は良い人ばかりなので、

人間関係わずらわしいと思っている人にはぴったりの会社です。

 

 

以上です。

(*´`){板倉さん、ありがとうございました)

 

 

飲み会のときでも、冷静に俯瞰的に物事をとらえてくださっている、

どんな場でもひとりはいて欲しいリーダー。

板倉さんはそんな方だと思っています。

 

板倉さん、ここまで読んで下さった皆様、
お付き合いいただきありがとうございます。
*。o         .o゜*。o
。       ,/⌒ヽ*゜*
.   ∧_∧  /     )。*o
(・ω・)丿゛ ̄ ̄’ ゜
ノ/  /       ’
ノ ̄ゝ   感謝

広報担当 中井でした。

The following two tabs change content below.
初代広報/中井

初代広報/中井

こだまシステム初代広報。”子連れ広報”として、子連れ出社のパイオニアとなる。娘はこだまシステム初の部長職である”広報部長”に任命され、母娘でこだまシステムの看板として活躍。元気いっぱいのシングルマザー。2018年3月、惜しまれつつ卒業。

関連記事

広報部長の休日 ~紙ドレス作ってみた~

使うのは紙とハサミとのりだけ。梱包紙でドレスを作ってみました!

幸せのおすそけ

ちょっぴり素敵な動画をご紹介します。

【インタビュー】菅沼悠大さん

【インタビューしてみました!】
2人目は貫禄のある最若手、平成生まれの菅沼悠大さんです。

広報中井の一眼レフ習得日記②

第二回、本日は「シャッター速度」と光について学ばせて頂きました。

【インタビュー】鈴木和也さん

【インタビューしてみました!】
3人目は身をいじるのが上手な鈴木和也さんです。