指定した日に更新されたファイルを探す

いつもの通り、OSはSolaris 9 です。

Linuxではlsコマンドに「–full-time」というオプションがあるが、Solaris標準のlsにはない。

また、findの「-mtime」オプションで探そうにも、2008年1月1日が何日前なのか知らないと使えない。

そして、Solarisにはstatコマンドが無い。

なので、perlでスクリプトを書いて見ました。

<stat.pl>

#!/usr/bin/perl
$date = "$ARGV[0]";
$file = "$ARGV[1]";
@stat = stat $file;
($sec,$min,$hour,$mday,$mon,$year) = localtime($stat[9]);
$mon++;
$year+=1900;
if($date == sprintf("%4d%02d%02d"), $year, $mon, $mday)){
    printf("%s\n", $file);
}

見苦しいところはご愛嬌。これを使うには、こんな感じかな。

$ find /tmp -type f -exec stat.pl 20080101 {} \;

こうすると、2008年1月1日に更新されたファイルの一覧が出せる。

The following two tabs change content below.
しゃちょー

しゃちょー

有限会社こだまシステム社長。18歳の時からIT業界で働く。趣味はモータースポーツ。マイブームはダイエット。

関連記事

[メモ]CentOS5.6のPHPをソース版に入れ替える

CentOS5.6にデフォルトでインストールされるPHPではなく、必要最低限(?)のモジュールのみでコンパイルしたPHPに入れ替える必要があったので、その手順をメモ。

【Linuxで画像加工】RAW形式のファイルから順次ダーク減算して比較明合成をする方法(メモレベルの覚書)

  for file in IMG_*.CR2 do dcraw -w -j -W -4 $file […]

【linuxで画像加工】dcrawのコンパイル

# gcc -o dcraw -O4 dcraw.c -lm -DNO_JPEG -DNO_LCMS The […]

WEBアプリでファンクションキーを使う

 

【linuxで画像加工】ダーク減算からのPPMファイルをTIFFに変換

fileからダーク減算してfile_new.ppmができる