Solarisで1970年1月1日からの日数を表示するコマンド

GNU版のdateとかだと、+%sで1970年1月1日0時0分0秒からの秒数(エポック)を表示できるが、

Solarisの純粋な環境だとこれが出来ない。

パスワードの有効期限があと何日かを知りたいときにはちょっと不便。

そこで、無理やりこんな1行コマンドを作ってみました。

echo $((`truss date 2>&1 | grep time | cut -d" " -f2`/60/60/24))

・trussってのは、Linuxでいうところのstraceと同じで引数に与えられたプログラムが

内部で実行するシステムコールをトレースしてくれるコマンド。

・dateコマンドの中で発行しているtimeシステムコールの戻り値を秒から日数に変換。

そんな感じで完成です。

The following two tabs change content below.
しゃちょー

しゃちょー

有限会社こだまシステム社長。18歳の時からIT業界で働く。趣味はモータースポーツ。マイブームはダイエット。

関連記事

セマフォの使用状況

Solaris9でシステム全体のセマフォ数がいくつ使われているかを確認するには以下のコマンドを実行する。

【linuxで画像加工】dcrawのコンパイル

# gcc -o dcraw -O4 dcraw.c -lm -DNO_JPEG -DNO_LCMS The […]

【linuxで画像加工】CinePaintの32bitモード

32bitモードではトーンカーブによる階調補正ができないようです。なぜでしょう?

【Linuxで画像加工】RAW形式のファイルから順次ダーク減算して比較明合成をする方法(メモレベルの覚書)

  for file in IMG_*.CR2 do dcraw -w -j -W -4 $file […]

【linuxで画像加工】ダーク減算からのPPMファイルをTIFFに変換

fileからダーク減算してfile_new.ppmができる