今日の練習結果。

元ねたはこちら

HDR加工をすると、暗いところも明るいところも綺麗に出るといううわさ。

 

1

露出がアンダー寄りの画像

 

2

露出がオーバー寄りの画像

 

で、処理した結果。

3

アンダー寄りの画像はそらや、湖面に映った木がよく見えますが、オーバー寄りの画像では見えません。

また、中央の木については、アンダー寄りでは黒くつぶれていますが、オーバー寄りでは良く見えています。

両方の良い所取りをしつつ、自然な感じに仕上げるために、CinePaintのHDRツールを使用しました。

最近はHDR加工とかが流行なんだとか?

もう少し明るめでも良いのかなと思ってみたけど、このくらい色がはっきりしてるほうがすきかなぁ。

 

The following two tabs change content below.
しゃちょー

しゃちょー

有限会社こだまシステム社長。18歳の時からIT業界で働く。趣味はモータースポーツ。マイブームはダイエット。

関連記事

ベクトルの内積による相関係数の算出

CSVから$data[列][行]という2次元配列にいれたデータについて、1列目とその他の列とで相関係数を算出する。

【Linuxで画像加工】RAW形式のファイルから順次ダーク減算して比較明合成をする方法(メモレベルの覚書)

  for file in IMG_*.CR2 do dcraw -w -j -W -4 $file […]

【linuxで画像加工】RAW(CR2)を16bitのPPMファイルに現像

カレントディレクトリにあるCanonRawフォーマットのデータを16bitのPPMファイルに現像する。

【linuxで画像加工】dcrawのコンパイル

# gcc -o dcraw -O4 dcraw.c -lm -DNO_JPEG -DNO_LCMS The […]

プリウス以上のエコカー

ちょっと画像で遊んでみました…