今日の練習結果。

元ねたはこちら

HDR加工をすると、暗いところも明るいところも綺麗に出るといううわさ。

 

1

露出がアンダー寄りの画像

 

2

露出がオーバー寄りの画像

 

で、処理した結果。

3

アンダー寄りの画像はそらや、湖面に映った木がよく見えますが、オーバー寄りの画像では見えません。

また、中央の木については、アンダー寄りでは黒くつぶれていますが、オーバー寄りでは良く見えています。

両方の良い所取りをしつつ、自然な感じに仕上げるために、CinePaintのHDRツールを使用しました。

最近はHDR加工とかが流行なんだとか?

もう少し明るめでも良いのかなと思ってみたけど、このくらい色がはっきりしてるほうがすきかなぁ。

 

The following two tabs change content below.
しゃちょー

しゃちょー

有限会社こだまシステム社長。18歳の時からIT業界で働く。趣味はモータースポーツ。マイブームはダイエット。

関連記事

メモリ不足の指針

OSのメモリが足りるかどうか判断するのに、空きメモリ(freemem)を確認するのは非常に有効な手段だ。
しかし、他にも「OSがメモリを探している」動作を確認するすべはある。

【Linuxで画像加工】RAW形式のファイルから順次ダーク減算して比較明合成をする方法(メモレベルの覚書)

  for file in IMG_*.CR2 do dcraw -w -j -W -4 $file […]

WiMAX?LTE??4G??貴方は分かる?モバイル回線の違いについて語ってみた。

WiMAXやLTE?言葉は聞いたことあるけれど、実際何が違うのか…しゃちょーが語ります!

Solarisで1970年1月1日からの日数を表示するコマンド

GNU版のdateとかだと、+%sで1970年1月1日0時0分0秒からの秒数(エポック)を表示できるが、Solarisの純粋な環境だとこれが出来ない。そこで、無理やりこんな1行コマンドを作ってみました。

WEBアプリでファンクションキーを使う