いつかリストラされちゃうの?安心して働ける会社を作るために考えること

リストラ

今や、知らない人はいないであろうこの言葉。
(日本語だとなんて言うんだろう?)

今勤めている会社は過去にリストラを実施したことがありますか?
または『これからもリストラはされない』、『リストラは絶対に起きない』そんな自信がありますか?

MAX87_guragurasuru20140531500-thumb-500xauto-4959

会社の規模にかかわらず、付きまとうこの問題。

いつの頃からか、日本に外資系企業が増え、当たり前のように行われるようになりました。

 

海外では職務に対して雇用することが一般的だと聞きます。

なので、入社した時点でやるべきことは決まっていて、給与も決まっているそうです。

そもそも『会社の中で出世する』というような概念がないのかもしれません。

※私は海外の事情を(国内もですが)あまり知らないので、推測です。

そのような常識の中においては、雇用関係も徹底的に効率化されていて、事業の状況に応じて社員をリソース(なんて無慈悲な!)とみて調整していくのでしょう。

 

でも、我々は日本人で、違った価値観を持っています。

そう。努力して報われたいし、出世したいんです。

そんな気持ち(そう、とても大事な気持ち)があるのに、『いつかリストラされるかもしれない』という不安が付きまとう。

はたしてそれで全力が出せますか?
隣に座っている人は敵ですか?味方ですか?

日本の企業は古くから社員を家族として接してきた(と言う)ではないですか。

それは、日本の誇るべき文化で、伝統だと僕は思います。

『もっと効率よく!』『コスパを意識して!』とまぁ、上司や先輩に言われることがあるかもしれません。

学術的だったり、コンサルタントのセンセイ的には当たり前なのかもしれませんが。

その良し悪しについては、経営学の権威の人や、コンサルタントのセンセイに議論して頂くとして。

僕は

『効率よりも効果』

『コスパよりもパッション!』 っんー!!

これで行きたい。

社員が何か成功したら(それは公私関係なく)『おめでとう!』って言いたいし、つらいことがあれば一緒に肩を落としたい。(´・ω・`)

家族においては解雇なんてないでしょ?

だから僕は終身雇用を目指すし、社員のライフステージ(結婚や出産、家を買うとか)に合わせて給与も増やしていきたい。

その為にも、経営の中で大事なのは

成長よりも持続

これね。

まずは会社をつぶさない事。傾いても潰れないだけのバネがある会社。
アリとキリギリスのアリね。ありんこ。

 

僕なんて、ありんこみたいなちっこい存在ですよ。

世の中見渡せば立派な経営者は沢山いるわけで。

でもね、たとえ自己中だと言われようとも、これだけはぶれたくない。

 

すべては、みんなの笑顔を見るために。

The following two tabs change content below.
しゃちょー

しゃちょー

有限会社こだまシステム社長。18歳の時からIT業界で働く。趣味はモータースポーツ。マイブームはダイエット。

関連記事

こんなに楽になるの?!返済を圧縮するための見落としがちな方法

ちょっぴり役に立つ(?)経営者・財務担当者向けのお金に関するTIPSです。

【非ブラブログ】通勤手当と交通費って何が違うの?

通勤手当と交通費の違い、分かりますか?

うちの社長は何考えてるの?怒る社長と怒らない社長の決定的な違い

世の中の怒る社長さんを4タイプに分けて分析してみました。

あけましておめでとうございました

社長金重、新年を迎えて、語ってみました!

自転車の調子が絶好調!

先週、事務所の周りでラーメン屋を探してたときのこと、
思いがけず自転車屋さんを見つけました。