節税対策、するべき??

今日は節税対策の話。一応これでも経営者なんでね。

money

世の中の社長さんで、節税対策を考えたことがない社長さんはいないよね。
いやいや、会社員だって『会社ってのは節税するもの』って考えてるよね。

かくいう僕も、会社を始めてから7期目(今は9期目)までは節税をしていました。
節税というか、黒字を出すのは損だと考えてたんだよね。

でね、ある時先輩経営者(この人はすごい人で、長者番付に載ったことがあるような人なの)から諭されたのよ。

「会社を大きくしたいなら、税金払って現金を残せ」

ってね。

これはね、正直ショッキングだった。
だってさ、世の中には節税に関するノウハウが五万とあるんだよ?
『社長のベンツがどうのこうの』とか 『保険を賢く使って』とか。

それと同じくらいの時期に、外資系の保険営業マンからこんなこと言われたんだ。

「保険で節税するなんてナンセンスです」

ええ?!

保険の営業マンって、今まで10人以上と会ってきたと思うけど、

ほぼ全員節税のための金融商品として売り込んでたよ?!
節税のためではなく、利益調整のために使うのだというのが、彼の持論。

それは、黒字を減らす目的ではなくて、

「赤字になると銀行がお金を貸してくれないから、黒字のうちに備えなさい」

「赤字になりそうなときは保険を解約して帳簿上の利益を確保せよ」

という意味でした。

なるほどな~って思ったよね。なんせ、銀行がお金を貸してくれない以前に
銀行からお金を借りたことがなかったんだもの。
残念ながら、僕にとっては現実味のある営業内容ではなかったけど
物事の見方としてはすごく勉強になった。

ところで、先の先輩経営者のいうところの現金を残せって話だけど
節税するためには経費を使わなきゃいけないわけで、

どうやっても現金が減るじゃない?

かと言って、会社を大きくしたいならお金がかかるわけで。

「金がいるんだろ?だったら無駄に使うな」

そう言われたのです。

以来、ちょっとした年収くらいの額の税金を収め、今のこだまシステムがあるわけですね。

 

尊敬できる人のアドバイスは、しっかりと聞く。
これが僕の経営スタイルです。

最後の方は節税とかちょっと関係なくなったけど、大事なことなのでお伝えしておきます。

The following two tabs change content below.
しゃちょー

しゃちょー

有限会社こだまシステム社長。18歳の時からIT業界で働く。趣味はモータースポーツ。マイブームはダイエット。

関連記事

結局どっちがいいの?個人事業主が考えるべき法人化のポイント

個人事業主の方、法人化について考えたことありますか?

広報中井の一眼レフ習得日記⑥

終わりが近づいてきました一眼レフブログ。今回のお題は、動く人物を魅力的に撮ることです!

写メの実力

合成すると、こうなる。写真が趣味の、しゃちょーの話。

白ヤギさん「どうしたら手紙読んでもらえるの?」

メールの読む読まないは、パッと見ただけで判断されてしまうそうです。読まれる文章のコツとはなんでしょう?

広報中井の一眼レフ習得日記①

広報担当中井、人生初の一眼レフ習得の修行を始めました。