【linuxで画像加工】CinePaintのインストール

# tar zxf ilmbase-1.0.1.tar.gz
# cd ilmbase-1.0.1
# ./configure
# make
# make install
# cd ..
# LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib
# export LD_LIBRARY_PATH
# tar zxf openexr-1.6.1.tar.gz
# cd openexr-1.6.1
# ./configure
# make
# make install
# cd ..
# apt-get install libjpeg-devel
# apt-get install lcms
# rpmbuild --rebuild cinepaint-0.18-1.src.rpm
# rpm -ivh cinepaint-0.18-1.rpm

 

とりあえずは入ったけど、もう少し新しいバージョンがいいな。

 

# wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/cinepaint/cinepaint-0.21-0_rc1.i586.rpm
# rpm -Uvh cinepaint-0.21-0_rc1.i586.rpm

なんだ、最初からこれで行けばよかった。

The following two tabs change content below.
しゃちょー

しゃちょー

有限会社こだまシステム社長。18歳の時からIT業界で働く。趣味はモータースポーツ。マイブームはダイエット。

関連記事

【linuxで画像加工】ダーク減算からのPPMファイルをTIFFに変換

fileからダーク減算してfile_new.ppmができる

ベクトルの内積による相関係数の算出

CSVから$data[列][行]という2次元配列にいれたデータについて、1列目とその他の列とで相関係数を算出する。

lessで日本語を表示すると文字化けする

Solaris 9 環境でLANG=ja_JP.PCKにして使用しています。テキストファイルをviなどで編集(作成)すると、SJISで保存されます。lessで表示すると文字化けしてしまう、という問題です。

クライアントプロセスが使うポート

サーバプロセスはポートを指定してListenしますが、クライアントプロセスはOSから動的に割り当てられます。
Windows的には一時ポートとか動的ポートといいますが、ネットワーク屋さん的にはエフェメラルポートといいます。

Solarisで1970年1月1日からの日数を表示するコマンド

GNU版のdateとかだと、+%sで1970年1月1日0時0分0秒からの秒数(エポック)を表示できるが、Solarisの純粋な環境だとこれが出来ない。そこで、無理やりこんな1行コマンドを作ってみました。