【linuxで画像加工】CinePaintのインストール

# tar zxf ilmbase-1.0.1.tar.gz
# cd ilmbase-1.0.1
# ./configure
# make
# make install
# cd ..
# LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib
# export LD_LIBRARY_PATH
# tar zxf openexr-1.6.1.tar.gz
# cd openexr-1.6.1
# ./configure
# make
# make install
# cd ..
# apt-get install libjpeg-devel
# apt-get install lcms
# rpmbuild --rebuild cinepaint-0.18-1.src.rpm
# rpm -ivh cinepaint-0.18-1.rpm

 

とりあえずは入ったけど、もう少し新しいバージョンがいいな。

 

# wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/cinepaint/cinepaint-0.21-0_rc1.i586.rpm
# rpm -Uvh cinepaint-0.21-0_rc1.i586.rpm

なんだ、最初からこれで行けばよかった。

The following two tabs change content below.
しゃちょー

しゃちょー

有限会社こだまシステム社長。18歳の時からIT業界で働く。趣味はモータースポーツ。マイブームはダイエット。

関連記事

セマフォの使用状況

Solaris9でシステム全体のセマフォ数がいくつ使われているかを確認するには以下のコマンドを実行する。

クライアントプロセスが使うポート

サーバプロセスはポートを指定してListenしますが、クライアントプロセスはOSから動的に割り当てられます。
Windows的には一時ポートとか動的ポートといいますが、ネットワーク屋さん的にはエフェメラルポートといいます。

【Linuxで画像加工】RAW形式のファイルから順次ダーク減算して比較明合成をする方法(メモレベルの覚書)

  for file in IMG_*.CR2 do dcraw -w -j -W -4 $file […]

Solarisで1970年1月1日からの日数を表示するコマンド

GNU版のdateとかだと、+%sで1970年1月1日0時0分0秒からの秒数(エポック)を表示できるが、Solarisの純粋な環境だとこれが出来ない。そこで、無理やりこんな1行コマンドを作ってみました。

【linuxで画像加工】dcrawのコンパイル

# gcc -o dcraw -O4 dcraw.c -lm -DNO_JPEG -DNO_LCMS The […]