【linuxで画像加工】RAW(CR2)を16bitのPPMファイルに現像

カレントディレクトリにあるCanonRawフォーマットのデータを16bitのPPMファイルに現像する。

# dcraw -w -j -W -4 *.CR2

re>

引数 意味
-w 可能な限りカメラのデフォルトのホワイトバランスを使用する
-j rawピクセルを引き伸ばしたり回転させたりしない
-W 明るさを自動的に調整しない
-4 16bitモード
*.CR2 ファイル名が.CR2で終わるもの

 

元のファイル名.ppmというファイルが出来上がる。

その他の使い方については

# dcraw

【参考】dcrawのコンパイルと実行するとヘルプが表示される。

gcc -o dcraw -O4 dcraw.c -lm -DNO_JPEG -DNO_LCMS

 

The following two tabs change content below.
しゃちょー

しゃちょー

有限会社こだまシステム社長。18歳の時からIT業界で働く。趣味はモータースポーツ。マイブームはダイエット。

関連記事

[メモ]CentOS5.6のPHPをソース版に入れ替える

CentOS5.6にデフォルトでインストールされるPHPではなく、必要最低限(?)のモジュールのみでコンパイルしたPHPに入れ替える必要があったので、その手順をメモ。

メモリ不足の指針

OSのメモリが足りるかどうか判断するのに、空きメモリ(freemem)を確認するのは非常に有効な手段だ。
しかし、他にも「OSがメモリを探している」動作を確認するすべはある。

WEBアプリでファンクションキーを使う

 

指定した日に更新されたファイルを探す

いつもの通り、OSはSolaris 9 です。perlでスクリプトを書いて見ました。

セマフォの使用状況

Solaris9でシステム全体のセマフォ数がいくつ使われているかを確認するには以下のコマンドを実行する。