【linuxで画像加工】RAW(CR2)を16bitのPPMファイルに現像

カレントディレクトリにあるCanonRawフォーマットのデータを16bitのPPMファイルに現像する。

# dcraw -w -j -W -4 *.CR2

re>

引数 意味
-w 可能な限りカメラのデフォルトのホワイトバランスを使用する
-j rawピクセルを引き伸ばしたり回転させたりしない
-W 明るさを自動的に調整しない
-4 16bitモード
*.CR2 ファイル名が.CR2で終わるもの

 

元のファイル名.ppmというファイルが出来上がる。

その他の使い方については

# dcraw

【参考】dcrawのコンパイルと実行するとヘルプが表示される。

gcc -o dcraw -O4 dcraw.c -lm -DNO_JPEG -DNO_LCMS

 

The following two tabs change content below.
しゃちょー

しゃちょー

有限会社こだまシステム社長。18歳の時からIT業界で働く。趣味はモータースポーツ。マイブームはダイエット。

関連記事

メモリ不足の指針

OSのメモリが足りるかどうか判断するのに、空きメモリ(freemem)を確認するのは非常に有効な手段だ。
しかし、他にも「OSがメモリを探している」動作を確認するすべはある。

WiMAX?LTE??4G??貴方は分かる?モバイル回線の違いについて語ってみた。

WiMAXやLTE?言葉は聞いたことあるけれど、実際何が違うのか…しゃちょーが語ります!

[メモ]CentOS5.6のPHPをソース版に入れ替える

CentOS5.6にデフォルトでインストールされるPHPではなく、必要最低限(?)のモジュールのみでコンパイルしたPHPに入れ替える必要があったので、その手順をメモ。

クライアントプロセスが使うポート

サーバプロセスはポートを指定してListenしますが、クライアントプロセスはOSから動的に割り当てられます。
Windows的には一時ポートとか動的ポートといいますが、ネットワーク屋さん的にはエフェメラルポートといいます。

プリウス以上のエコカー

ちょっと画像で遊んでみました…